食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

大規模食肉処理業向けHACCP手引書公開、ステップアップも

 全国食肉事業協同組合連合会全国食肉業務用卸協同組合連合会、首都圏食肉卸売業者協同組合の3団体による食肉流通HACCP手引書作成委員会が作成した「食肉処理業向け HACCPに基づく衛生管理のための手引書」(写真は表紙)が6日、厚労省の確認手続きが終了し同省ホームページに公開された。今後、全肉連ホームページにも掲載し、8月中に記録様式や手順書例などをダウンロードできるようにするとともに、手引書の印刷を行い、9月上旬ごろ冊子にして傘下事業者や関係団体に配布する予定。
 これは、従業員50人以上の大規模な食肉処理施設を対象にした、コーデックスガイドラインに基づくHACCPの7原則を要件とする、いわゆる基準Aの手引書。令和元年6月に公開された、食肉販売業、小規模(従業員50人未満)な食肉処理業向けの「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」(基準B)では、忙しい食肉販売店などでも取り組みやすいよう、記録様式などを簡素化し、一方で食肉処理業の手順書例なども盛り込み緻密な構成にしている。改正食衛法で求められる衛生管理について、まずは記録を習慣化することで、無理なくスムーズに実践し、かつそこで満足することなく、さらにステップアップしてほしいとの趣旨からだった。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top