食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

【2021年版惣菜白書.(上)】総菜の販売状況

 

一般社団法人日本惣菜協会はこのほど、2020年の総菜の動向をまとめた「2021年版惣菜白書」を発行した。2020年はコロナ下でテレワークが定着し外出も控えられ、家で過ごす時間が増えた中でテイクアウト商品が伸長し、総菜の利用も拡大した。総菜専門店、百貨店などの総菜の販売状況のほか、消費者動向など食肉に関する項目を上下に分けて紹介する。
 総菜市場の動向は、対象を総菜専門店(40社、7,322店)、百貨店(5社、40店)、総合スーパー(10社、1,699店)、食料品スーパー(40社、3,185店)、CVS(コンビニエンス.ストア、5社、5万4,706店)とし調査した。
 総菜専門店をのぞく業態において生鮮三品売り場で「総菜を販売している」とする割合は、百貨店では青果売り場が20.0%、畜肉売り場が40.0%、鮮魚売り場が20.0%、総合スーパーでは青果売り場が40.0%、畜肉売り場が70.0%、鮮魚売り場が60.0%、食料品スーパーでは青果売り場が20.0%、畜肉売り場が67.5%、鮮魚売り場が57.5%となっている。
 国産肉の使用については、全体で「変わらない」69.0%、「増えた」16.0%、「減った」9.0%、「わからない」6.0%となっている。業態別にみると、どの業態においても「変わらない」が最も多く、6割以上を占めた。「増えた」と回答があったのは、総菜専門店、総合スーパー、食料品スーパーで、総菜専門店15.0%、総合スーパー20.0%、食料品スーパー20.0%となっている。百貨店、CVSは「増えた」とする回答以外は、「わからない」の回答だった。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top