食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

【2021年版惣菜白書.(上)】総菜の販売状況

 

一般社団法人日本惣菜協会はこのほど、2020年の総菜の動向をまとめた「2021年版惣菜白書」を発行した。2020年はコロナ下でテレワークが定着し外出も控えられ、家で過ごす時間が増えた中でテイクアウト商品が伸長し、総菜の利用も拡大した。総菜専門店、百貨店などの総菜の販売状況のほか、消費者動向など食肉に関する項目を上下に分けて紹介する。
 総菜市場の動向は、対象を総菜専門店(40社、7,322店)、百貨店(5社、40店)、総合スーパー(10社、1,699店)、食料品スーパー(40社、3,185店)、CVS(コンビニエンス.ストア、5社、5万4,706店)とし調査した。
 総菜専門店をのぞく業態において生鮮三品売り場で「総菜を販売している」とする割合は、百貨店では青果売り場が20.0%、畜肉売り場が40.0%、鮮魚売り場が20.0%、総合スーパーでは青果売り場が40.0%、畜肉売り場が70.0%、鮮魚売り場が60.0%、食料品スーパーでは青果売り場が20.0%、畜肉売り場が67.5%、鮮魚売り場が57.5%となっている。
 国産肉の使用については、全体で「変わらない」69.0%、「増えた」16.0%、「減った」9.0%、「わからない」6.0%となっている。業態別にみると、どの業態においても「変わらない」が最も多く、6割以上を占めた。「増えた」と回答があったのは、総菜専門店、総合スーパー、食料品スーパーで、総菜専門店15.0%、総合スーパー20.0%、食料品スーパー20.0%となっている。百貨店、CVSは「増えた」とする回答以外は、「わからない」の回答だった。

◆行政・統計

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

 農水省は27日、「官民物流標準化懇談会 パレット標準化推進分科会」の中間取りまとめを公表した。 わが国の重要な社会インフラというべき物流は、現在、労働力不足をはじめ多くの課題に直面している。令和3年6月に閣議決定した総合物流施策大網(20...
More

◆トレンド

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

 JA全農は22日、令和4年7〜9月期の配合飼料供給価格について、飼料情勢・外国為替情勢などを踏まえ、4〜6月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり1万1,400円値上げすることを決定した。なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 飼...
More

◆国内外の団体

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長=写真)は28日、東京都千代田区の都市センターホテルで令和4年度第1回理事会および第63回通常総会を対面形式で3年ぶりに開き、3年度事業報告や4年度事業計画などの提出議案を原案どおりに承認した。...
More

◆製品

More
Return Top