食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

スターゼンと大塚食品が「ゼロミート ハンバーグ生タイプ業務用」

 スターゼン大塚食品は、植物由来の素材のおいしさを引き出した動物性原材料不使用の新製品「ゼロミート ハンバーグ生タイプ業務用」を発売した。また、現在展開している大豆ミートでつくった食肉不使用の業務用「ゼロミート」シリーズの「ハンバーグ」「ソーセージタイプ」「ハムタイプ」をリニューアルし、10月から順次展開していく。
 近年、健康を気づかう食生活の増加、世界人口の急増による食糧不足、家畜生産による環境負荷などさまざまな理由から、大豆ミートが脚光を浴びている。大塚食品は2018年11月に市販用「ゼロミート ハンバーグ」を発売。業務用製品は20年3月にスターゼンで製造・販売を開始し、PB製品のリーディングプロダクトとして、社会課題の解決と市場拡大を目ざしている。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top