食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

スターゼンと大塚食品が「ゼロミート ハンバーグ生タイプ業務用」

 スターゼン大塚食品は、植物由来の素材のおいしさを引き出した動物性原材料不使用の新製品「ゼロミート ハンバーグ生タイプ業務用」を発売した。また、現在展開している大豆ミートでつくった食肉不使用の業務用「ゼロミート」シリーズの「ハンバーグ」「ソーセージタイプ」「ハムタイプ」をリニューアルし、10月から順次展開していく。
 近年、健康を気づかう食生活の増加、世界人口の急増による食糧不足、家畜生産による環境負荷などさまざまな理由から、大豆ミートが脚光を浴びている。大塚食品は2018年11月に市販用「ゼロミート ハンバーグ」を発売。業務用製品は20年3月にスターゼンで製造・販売を開始し、PB製品のリーディングプロダクトとして、社会課題の解決と市場拡大を目ざしている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top