食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

第46回食肉産業展2022」来年3月開催、出展者の募集開始

 食肉産業展実行委員会(関川和孝実行委員長)が主催する「第46回食肉産業展2022」が令和4年3月8日(火)から11日(金)の4日間、「これからの食ビジネスがここにある」をテーマに幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)で「第47回FOODEX JAPAN2022」と合同開催される。食肉産業展は食肉にこだわり続ける生産・加工・流通・小売の関係者がそれぞれの分野で磨き上げた究極の技術、商品を披露し、情報発信することで食肉産業の総合的な発展を図り、食肉産業の振興および食生活向上に貢献してきた。展示内容は原料・素材、製品と機械資材が一堂に会し、展示スペースを共有しながら生産から小売に至るまでの食肉にかかわるすべての技術・製品・情報を総合的に発信する。
 「これからの食ビジネスがここにある」を開催テーマに掲げ、「FOODEX JAPAN」との合同開催により、国内最大級の食肉加工機械・業務用食品・食材・機器・容器・世界の食品・飲料がそろう総合見本市として注目されている。前回開催は新型コロナウイルス感染拡大の中、2万5千人を超す食品のプロが来場して、市場開拓、ニュービジネスの創造、関係業界の活性化などで大きな相乗効果を生み出した。
 展示会場の「機械・資材ゾーン」には、食肉加工機器、ラベルプリンター、包装材、除菌装置、環境衛生関連製品など食肉製造に関する最新鋭の機種が出展される。また、「食肉製品取引ゾーン」では、産地・流通銘柄の中からうまみ、飼育方法、安全性などにこだわり、販路拡大、認知度アップを目ざす優良期待銘柄を展示。加工品ではハム・ソーセージ、調理食品、冷凍食品、ミートデリカ・総菜などクックレス時代に対応した商品群やベーシックなカット、スライス商品から成形、本格的なメニューまで素材とアイデア、部位別用途に対応した製品を展示。このほか、ケーシング、添加物、シーズニングなど食肉加工品製造資材も出展する。さらに、食肉需要の国際化に対応する海外産地プロモーター、輸入商社が世界各国から厳選した食肉製品を紹介する。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top