食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「DIARY食肉手帳2022」のご注文

機能アップでより使いやすくなった、新バーションの「DIARY」(食肉手帳)。毎年ご好評をいただいている食肉関係者必携の手帳です。食肉価格などの資料も充実し、日常業務にはもちろん、贈答用、記念品としても喜んでいただけます。

名入れも可能。納期等はご相談下さい。

収録資料

食肉需給量の推移(枝肉ベース)、食肉需給量の推移(グラフ、枝肉ベース)、主要食肉の国別・年次別輸入量の推移、市場流通シェア(牛・豚)、東京食肉市場の畜種別・規格別・月別卸売価格(和牛・交雑牛・乳牛)、食肉市場の規格別取引価格、東京食肉市場の豚枝肉卸売価格の推移と上中格差、鶏肉価格の推移、食肉加工品の年次別全国生産量、食肉加工品の輸入先国別輸入量、ソーセージケーシングの輸入先国別輸入量、枝肉各部位の分割(牛・豚)、食肉業界年表、食肉関係機関・団体名簿

2022年版 価格表

部数 単価 広告料金/1冊 名入料金/1冊 送料
1冊 890円 実費
50冊以上 860円 280円 100円 実費
100冊以上 840円 140円 50円 実費
250冊以上 800円 50円 20円 実費
500冊以上 790円 25円 10円 実費
1000冊以上 740円 10円 サービス サービス

    ◆行政・統計

    群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

    群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

     農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
    More

    ◆トレンド

    More

    ◆国内外の団体

    日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

    日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

     日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
    More

    ◆製品

    More
    Return Top