食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本食肉消費総合センター「コロナと消費動向」中間報告

 公益財団法人日本食肉消費総合センターは2日、「コロナ感染症下の食肉消費動向等について(中間報告)」を発表した。コロナ感染症の流行が外食機会の減少や家庭内での食事の増加など、消費行動に大きな変化をもたらし、食肉関連業者、畜産農家の経営にも影響を及ぼしたことを受け、本年度、JRA(日本中央競馬会)の助成を得て、調査と分析を行っている。このうち、食肉関連事業者への郵送調査、消費者WEB調査の結果を取りまとめ、速報版として報告を行ったもの。
 食肉関連事業者調査は食肉卸売業、食肉小売事業者(スーパー、食肉専門店)、外食・中食事業者、焼き肉事業者、計2,800事業者を対象にことし9月に実施。457事業者から有効回答を得た。令和2年度の売り上げについてみると、食肉卸は小売向けの顧客が多い事業者は売上増、外食向けが多い事業者は減少。スーパーはおおむね増加。食肉小売専門店もおおむね増加しているが、外食向け卸の比率が高い事業者もあり、バラツキが大きい。外食.中食事業者は大幅に減少。焼き肉店も全体でみると減少した事業者が多いが、増加した事業者もみられた。
 食肉の品質保持についてみると、卸では「冷凍保存」が増加した事業者が43.6%、「スキンパック」「味付け、下ごしらえ」も20%以上が増えたと回答。食肉専門店でも「冷凍保存」は27.0%、「スキンパックは」20.7%、「味付け、下ごしらえ」は15.2%の事業者が増えたと回答。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top