食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

京都市場枝肉共(和牛の部)で京都丹波牧場・平井和恵さんがGC

 京都食肉市場(株)は9日、京都市中央食肉市場で第23回京都食肉市場枝肉共進会(和牛の部)を開催した。全国各地から和牛100頭(雌46頭、去勢54頭)が出品され、審査の結果、グランドチャンピオン(京都市長賞)には京都府の㈲京都丹波牧場・平井和恵さんの出品牛(去勢、京都肉・平井牛、格付A5、BMS No.12、枝肉重量635.3kg)が選ばれ、せりでは(株)銀閣寺大西がキロあたり4803円で落札した。
 せりに先だち、GCを受賞した平井さんが表彰されたあと、京都食肉市場の駒井栄太郎社長が「本日は全国から優秀な生産者の肉牛100頭が出品された。当市場に足を運んでいただける生産者、買参者に感謝申し上げる。ことしもコロナ禍の影響により緊急事態宣言が発出されるなど皆さんも苦労が多い年であったと思われるが、規制も緩和され、年末に向けて人の動きが活発になってきた。年末商戦での皆さまのご活躍を期待する」とあいさつ。せりでは活気ある取引が展開された。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top