食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

令和4年度1〜3月期の配合飼料価格は2,900円値上げ

 JA全農は、令和3年1〜3月期の配合飼料供給価格について、3年10〜12月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり2,900円値上げすることを決定した。なお、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なり、一部の畜種・銘柄では値上げとなる。
 飼料穀物については、とうもろこしのシカゴ定期は、9月上旬には540セント/ブッシェル前後で推移していたが、原油価格の上昇によるエタノール需要の増加や、堅調な輸出需要から上昇し、現在590セント/ブッシェル前後で推移している。また、シカゴ定期に加算される内陸産地からの集荷コストなどは、米国産とうもろこしの新穀の流通が始まったことから、小幅ながら下落している。今後は、生育期に入る南米産地の天候が注目されるものの、引き続き旺盛なエタノール需要や輸出需要などを背景に相場は堅調に推移するものと見込まれる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top