食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ニチレイフーズ新商品、「特から」で食卓向け鶏から揚げ提案

 (株)ニチレイフーズは11日、本社で2017年春季新商品発表会を開き、新商品・リニューアル品計46品を発表した。家庭用は冷凍食品新商品10品・リニューアル品16品のほか、常温食品新商品1品を発売。引き続き(1)力強いカテゴリー政策の推進(2)新規需要創造への挑戦—–をテーマに、いままで以上に「食卓」に目線をおいた商品ラインアップで、マーケットの活性化を図る。
 (1)では、手づくり品質を目標とした高い技術力で、おいしさを徹底的に磨き、既存カテゴリーの成長をけん引。具体的には、「食卓」の主役となる若鶏のから揚げ製品を強化し、同社独自の新技術「じゅわ旨っ製法」で、から揚げを食べたときのじゅわっとした揚げたてを再現し、さらに1個約32g(従来約27g)で食べごたえをアップ、大容量の415gで満足度も向上させた「特から」(写真)を発売する。同製法はハンバーグで肉汁を閉じ込める製法を応用したもので、加えて再仕込みしょうゆと二度揚げでおいしさを追求。大袋から揚げの新しいスタンダードとして提案する。「本格炒め炒飯」は、さらなるパラパラ感を実現し改良。「お弁当にGood!」はブランドロゴを「大人満足 お弁当にGood!」に刷新し「ささみチーズフライ」などを販売する。
 (2)では、個食需要に新しい価値を提案する「個食米飯」の「バターチキンカレー」など。「匠御菜(たくみおかず)」シリーズで岩手県産純和鶏を使った「特製ピーマンの肉詰め。」などを発売する。

◆行政・統計

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

 農水省は10日、都内で第5回食料・農業・農村政策審議会畜産部会を開き、「酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(酪肉近)」と家畜改良増殖目標を定めるにあたり、農相から諮問を受け、家畜改良、畜産環境の情勢について説明した。今後のス...
More

◆トレンド

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

 神戸大学農学研究科と黒毛和牛の魅力創出技術研究会は11日、神戸大学瀧川記念学術交流会館で畜産業界の関係者や一般消費者らを対象に「黒毛和牛の魅力創出セミナー」を開催し、約80人が参加した。 本セミナーは日本中央競馬会(JRA)特別振興資金助...
More

◆国内外の団体

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であること...
More

◆製品

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和...
More
Return Top