[JCA・12月] 鶏肉など動き鈍く畜産0.2%減

 日本チェーンストア協会(JCA)がまとめた販売統計速報(会員企業57、9,489店舗)によると、12月の食料品合計販売金額は8,263億3,166万円(既存店ベース・前年同月比2.0%減)。畜産品は986億4,711万円(0.2%減)で、牛肉、豚肉の動きは良かったが鶏肉の動きが鈍かった。ハム・ソーセージ、鶏卵の動きは良かった。総菜は994億6,873万円(増減なし)で、温総菜では揚げ物、スナック類、中華、焼き物などが好調。要冷総菜は、和・洋総菜とも動きは良く、すしも好調だったが、弁当の動きは鈍かった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする