食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

EUの牛肉需給見通し、17年飼養頭数は減少—ALIC

 欧州委員会は7月12日、農産物の短期的需給見通しを公表した。このうち2017年の牛肉需給見通しの概要は以下のとおり(詳細は食肉速報に掲載)
 [牛肉生産量]16年12月の牛飼養頭数調査によると、総飼養頭数は前年より7万4千頭減少し8,908万頭となった。主要国で肉用経産牛の頭数が増加したのはスペインの1.9%増。17年第1四半期(1〜3月)の牛肉生産量は前年同期並み。これはと畜頭数はわずかに増えたものの、枝肉重量の大きい雄牛のと畜頭数が減少したため。経産牛と畜頭数は0.8%増。17年の年間の牛肉生産量は、前年比1.2%増と4年連続で増加するとみられるが、増加率は16年より減少し、18年には1.7%減と減少に転じると予測される。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top