中国の豚肉生産は2%増加し、輸入量は10%減少する見通し

 オランダの農協系金融機関ラボバンクは7月、四半期ごとに実施している豚肉の国際需給見通しを公表した。これによると、今後、世界の供給量が増加する一方で、中国の輸入量の減速により、EUとカナダ、米国による輸出競争が激化すると見込んでいる。以下、中国に関する見通しを紹介する。
 生体豚出荷価格は、5月から6月初旬にかけて1㎏当たり13.5元(230円、1元=17.04円)で底を打ち、7月には同14元(239円)まで上昇したものの、前年同月比で3割安い。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする