食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連が全国会長会議を宮城で開催、HACCPなど事業進捗確認

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成29年度全国会長会議を7日、宮城県仙台市の秋保温泉ホテルニュー水戸屋で開いた。
 今回の会長会議は、同日に始まった第11回全国和牛能力共進会に合わせて開催し、翌日には全共宮城大会の視察も実施。会議には全国道府県肉連の会長らが出席し、今年度の総務関係および事業の進ちょく状況などを確認したあと、「食肉流通の実態と卸・小売業の役割」をテーマにセミナーを行い、宮城学院女子大学の安部新一教授が講演した。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top