食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

中国の豚肉生産は2%増加し、輸入量は10%減少する見通し

 オランダの農協系金融機関ラボバンクは7月、四半期ごとに実施している豚肉の国際需給見通しを公表した。これによると、今後、世界の供給量が増加する一方で、中国の輸入量の減速により、EUとカナダ、米国による輸出競争が激化すると見込んでいる。以下、中国に関する見通しを紹介する。
 生体豚出荷価格は、5月から6月初旬にかけて1㎏当たり13.5元(230円、1元=17.04円)で底を打ち、7月には同14元(239円)まで上昇したものの、前年同月比で3割安い。

◆行政・統計

[畜産物卸売価格・12月]和牛去勢A4価格は前年月比362円高

[畜産物卸売価格・12月]和牛去勢A4価格は前年月比362円高

 農水省食肉鶏卵課がまとめた昨年12月の畜産物卸売価格の推移(13面参考、食肉速報に掲載)によると、豚の全国と畜頭数(速報値)は145万900頭(前年同月比1.9%減)となった。豚肉「極上」「上」の価格は東京が535円(25円高)、大阪が5...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

More
Return Top