食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

セントラルフーズ、「梅山豚」「安納黒豚」使用しギフト6品発売

 セントラルフーズはことしの歳暮ギフトで、ワンランク上の銘柄豚「梅山豚」「安納黒豚」を使用した新商品ギフト6品を発売する。今回は、主に東急百貨店に出店している直営精肉専門店「精肉あづま」で販売し好評を博している、二つの上質な銘柄豚を使用したギフトの開発を試みた。中国太湖系の希少な原種豚である「梅山豚」と、黒豚に安納芋を与えて育てている「安納黒豚」のギフトであり、肉本来のおいしさを引き出した製法でつくり上げている。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top