副産物協会が総会開催、HACCPへの対応など注力


 一般(社)日本畜産副産物協会(田島実会長)は8日、東京・大田区の大森東急REIホテルで第20回定時総会を開催し、平成29年事業報告や平成30年事業計画など上程全議案を承認した。今年度は、副生物業ではHACCPによる衛生管理の制度化を含めた食品衛生法の改正に向けて、厚生労働省などの関係省庁の指導のもとに基準Bにかかわる手引書の作成を含め適切に対応するほか、レンダリング業ではBSE対策の根幹である飼料規制を確実なものとするため、引き続き牛肉骨粉などの適正な処分を推進するとともに、健康牛由来の肉骨粉の利活用推進を行っていく。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み