Bord Biaがアイルランド産牛肉の魅力をセミナーで紹介


 Bord Bia(アイルランド政府食糧庁)とEUは17日、「ヨーロピアン・ビーフテイスティングセミナー」を東京・港区の六本木ヒルズクラブで開催。セミナーや試食を通じてアイルランド産牛肉の特長や魅力、おいしさを参加者にPRした。
 駐日アイルランド大使館臨時代理大使のティム・ハリントン氏のあいさつに続いてスタートしたセミナーでは、Bord Biaマーケティング・エグゼクティブのキーラン・フィッツジェラルド氏が「EUにおける持続可能な牧草牛の生産」、また医師で日本機能性医学研究所の斎藤糧三所長が「グラスフェッドビーフ:食品で日本を健康にする」と題し、それぞれ講演を行った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み