食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

全肉連が中山競馬場で食育イベント開催し盛況、国産食肉PR


 全国食肉事業協同組合連合会は、千葉県食肉事業協同組合連合会と共催で、日本中央競馬会(JRA)助成事業の平成30年度「国産食肉理解醸成食育推進事業」により、「おいしく学ぼう!お肉が食卓にとどくまでin中山競馬場」を22日、23日の両日、千葉県船橋市の同競馬場で開催した。イベントでは、前回の小倉競馬場と同様、国産食肉の試食と合わせ、お肉がどうやって食卓に届くのか情報発信。日本のお肉の安全・安心とおいしさの秘密を楽しみながら学べる「おにクイズラリー」も行った。とくに2日めは好天に恵まれ、試食・クイズとも長蛇の列ができ、盛況となった。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top