食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

台湾が牛肉輸出先1位の重要市場に、再開後1年でPR活動成果


 日本畜産物輸出促進協議会は21日、台湾の日本産牛肉輸入再開後の1年を振り返り、これまでのPR活動やその成果などを取りまとめ、発表した。それによると、昨年9月、台湾の日本産牛肉市場が再開してからはや1年。これまで台湾では、BSEや口蹄疫により日本産牛肉の輸入再開が遅れ、同国の高級輸入牛肉市場にはWAGYUと称される米国産、豪州産牛肉が参入し、実績をあげていた。そうした中、1年前の日本産牛肉の輸出再開後、日台双方輸出入業者の精力的なビジネス展開と、矢継ぎ早に投入した輸出プロモーション活動の結果、昨年の第4四半期(10〜12月)の台湾向け牛肉輸出額は14億円(209t)、ことし上半期(1〜6月)では22億円(322t)といずれも輸出先第1位となり、最も重要な市場の一つにまで成長した。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top