食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連が中山競馬場で食育イベント開催し盛況、国産食肉PR


 全国食肉事業協同組合連合会は、千葉県食肉事業協同組合連合会と共催で、日本中央競馬会(JRA)助成事業の平成30年度「国産食肉理解醸成食育推進事業」により、「おいしく学ぼう!お肉が食卓にとどくまでin中山競馬場」を22日、23日の両日、千葉県船橋市の同競馬場で開催した。イベントでは、前回の小倉競馬場と同様、国産食肉の試食と合わせ、お肉がどうやって食卓に届くのか情報発信。日本のお肉の安全・安心とおいしさの秘密を楽しみながら学べる「おにクイズラリー」も行った。とくに2日めは好天に恵まれ、試食・クイズとも長蛇の列ができ、盛況となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top