「仙台牛」の集い開催、村井知事は仙台牛より広めたいと強調


 仙台牛銘柄推進協議会は28日、仙台市内の江陽グランドホテルで第26回「仙台牛」の集いを開催。村井嘉浩・宮城県知事(同協議会会長)をはじめ、仙台牛生産者や売参者など約370人以上が参集し盛大に行われた。
 第1部と第2部に分かれた構成となっており、第1部では(一社)家畜改良事業団の寺島豊明・上席専門役家畜改良アドバイザーを講師に迎え、「俵牛づくりに挑戦しよう〜仙台牛の今後の方向〜」と題された講演が行われた。
 そこでは、寺島講師が肉牛生産における平成30年度の主なニュースとして「牛マルキン(肉用専用種)が3年5カ月ぶりに発動されたこと」「堅調な牛枝肉相場が維持されていること」「次代を担う有力な種雄牛が登場したこと」「肉質成績が上昇傾向であること」「ICT機器が注目されていること」「最も高い素牛の枝肉出荷が行われたこと」などを話した上で、「優良な血統や良い飼料の確保はもちろん、飼養管理技術の進歩や枝肉重量の大型化、血液検査などのデータに基づく研究が今後の肉牛生産において重要になる」とした。また、仙台牛生産の今後の方向として「優秀な後継者づくりや頭数増産、すき焼きやしゃぶしゃぶなど県内の消費をより増やすことなどがベースではあるが、今の取り組みに何か一つプラスさせたい」とし、各県の有名銘柄牛の特長などを例に出しながら、仙台牛にさらなる特長をプラスさせることを提案した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

食肉通信社からのお知らせ
食肉産業展「全国銘柄食肉コンテスト」出品募集中
2018年4月11〜13日開催の「食肉産業展」の注目度NO.1イベントが「銘柄食肉好感度コンテスト」です。来場者が試食して好感度を採点し、今年度の人気NO.1ブランドを決定してきました。出品者にとってはマーケットリサーチとして、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用していただいており、上位入賞銘柄食肉の販路拡大に寄与する効果も発揮しています。

▼詳しくはこちら

 
「銘柄豚肉ハンドブック2018」への掲載を希望する銘柄豚肉募集中

豚肉特集2017 食肉通信社発行の「銘柄肉ハンドブック」シリーズは、銘柄牛・豚肉の人気の高まりを受け、大好評を頂いております。

現在、食肉通信社では「銘柄豚肉ハンドブック2018」の出版に向け、制作を進めております。おおむね1千頭以上の銘柄豚を取り扱う企業・団体様で、掲載を希望される方はぜひとも食肉通信社までお問い合わせ下さい(掲載無料)

お問い合わせはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする