MLAプロジェクションセミナー、約250人が来場


 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は13日、千葉市美浜区のホテルニューオータニ幕張で「2019年MLAプロジェクションセミナー」を開催。関係者約250人が参集した。セミナーでは、MLAアナリストのティム・ライアン氏が最新の豪州産牛肉・羊肉の産業予測について説明し、アンドリュー・コックス駐日代表が日本でのプロモーション活動を紹介した。
 ティム氏は「2019年は干ばつの再来により牛群が減少し、生産量は減少が予想される。そうした中でグレインフェッドが記録的な増加をみせており、品質に関しては改善されている。輸出実績は供給と連動しており、2019年の輸出量は減少と予測。最大の市場である対日輸出は成長しており、輸出部位についても加工用牛肉を含めより多様化している。また、牛肉には世界的に強い需要があり、中国などアジアがそれをけん引している。活発な貿易環境や世界のリスクは増大しているが、強い需要が価格を下支えしている。羊肉についても世界的に供給が不足し、需給はひっ迫している。日本は羊肉輸出先としても重要な市場だ」とした。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み