食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

和牛遺伝資源管理の検討会、宮崎、鹿児島の人工授精師からヒアリング


 海外への和牛精液の持ち出し防止などを考える第2回和牛遺伝資源の流通管理に関する検討会が18日、都内で開かれ、宮崎、鹿児島の人口授精師からヒアリングを行った。宮崎ではブランド牛などの県有種雄牛が中心であるとともに、タブレットを活用してストローの流通管理と受胎率をリアルタイムで算定できる「授精情報管理システム」で厳格に管理しているが、鹿児島などの県では県有種雄牛のほか、民間の種雄牛もあるため、どのような販路を辿るか把握がむずかしい状態にあるとされた。

◆行政・統計

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

 財務省貿易統計による9月国産牛肉輸出量は38万7,706kg(前年同月比35.4%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約30tの減少。輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計12万4,230kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

 カナダポーク・インターナショナル(CPI)は5日、日本事務所の開設10周年を記念したセミナーとレセプションを東京・港区のカナダ大使館で開催。会場には約280人の関係者が訪れた。セミナーに先立ち、10月28日付でCPIプレジデント&CEOに...
More

◆製品

More
Return Top