ちくさんフードフェア第1回実行委員会、新たに動検も出店

 川崎市の日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)で10月12〜13日に開催される「ちくさんフードフェア2019」(主催=公益(財)日本食肉流通センター、同センター卸売事業協同組合、同センター川崎冷蔵事業協同組合)の第1回実行委員会が21日、同センター内で開かれた。
 ことしのフェアはセンター出店者22者、畜産関係団体等10者、全国味めぐりコーナー・地域物産展20者、その他11者の計63者が出店する。センター出店者は昨年に比べて2者減ったが、畜産関係団体、その他カテゴリーがそれぞれ1者ずつ増加し、「農水省動物検疫所」と「かながわ畜産ブランド協議会」が新たに出店する予定。昨年の来場者が過去最高の13万4千人を記録したことから、ことしも来場者目標(2日間)は13万人を掲げる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み