食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

いわて牛枝肉共励会、名誉賞はキロ単価5,004円で吉澤畜産落札

 いわて牛普及推進協会は9月27日、東京食肉市場で「令和元年度東京食肉市場まつり記念 いわて牛枝肉共励会」を開催し、合計80頭(雌33頭、去勢47頭)が出品された。今回の共励会で販売された「いわて牛」は、10月19〜20日に控える東京食肉市場まつりの推奨牛となる。名誉賞には横森啓太さんの出品牛(雌、枝肉重量=443kg、A5、ロースしん面積85平方cm、バラ厚9.0cm、BMS No.12)が輝き、キロ単価5,004円で(株)吉澤畜産が落札した。
 審査講評では「去勢は体格が良く、雌は肉質・脂質が素晴らしいなど、まさにいわて牛らしい枝肉ばかりだった。雌・去勢ともに枝肉重量も全国平均を上回っていた」と述べられ、名誉賞受賞の枝肉については「サシに力強さがあり、体格も素晴らしい。非常にしっかりとした肥育管理がうかがわれた」と評された。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top