食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

ボードビアがアイルランド産牛肉、ラムの魅力をセミナーでPR

 ボードビア(アイルランド政府食糧庁)は9月27日、EUとの共同出資のもと「ヨーロッパの牛肉 テイスティングセミナー」を東京・港区の六本木ヒルズクラブで開催。アイルランド産牛肉に加え、今回は日本初上陸となるアイルランド産ラムについても紹介・試食提供され、セミナーや試食を通じてアイルランド産牛肉やラムの特長や魅力、おいしさを参加者にPRした。
 はじめにポール・カヴァナ駐日アイルランド大使が「日欧EPA発効により、アイルランド産牛肉の対日輸出はさらなる伸びが期待される。アイルランドは北半球の牛肉純輸出国であり、今後もEU加盟国として安定的で信頼のおける、持続可能性の高いヨーロピアンビーフの供給国であり続ける」と強調。さらに「ことし6月にはアイルランド産羊肉の対日輸出が可能となったが、政府はさらに幅広い形での対日貿易、投資に意欲的だ。その一例が東京・四谷のアイルランドハウス開設であり、これはアイルランド政府にとって約100年前の独立以来、海外における最大の資本投資だ。また、東京にはボードビアのオフィスも新設された」と説明した。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top