食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

いわて牛枝肉共励会、名誉賞はキロ単価5,004円で吉澤畜産落札

 いわて牛普及推進協会は9月27日、東京食肉市場で「令和元年度東京食肉市場まつり記念 いわて牛枝肉共励会」を開催し、合計80頭(雌33頭、去勢47頭)が出品された。今回の共励会で販売された「いわて牛」は、10月19〜20日に控える東京食肉市場まつりの推奨牛となる。名誉賞には横森啓太さんの出品牛(雌、枝肉重量=443kg、A5、ロースしん面積85平方cm、バラ厚9.0cm、BMS No.12)が輝き、キロ単価5,004円で(株)吉澤畜産が落札した。
 審査講評では「去勢は体格が良く、雌は肉質・脂質が素晴らしいなど、まさにいわて牛らしい枝肉ばかりだった。雌・去勢ともに枝肉重量も全国平均を上回っていた」と述べられ、名誉賞受賞の枝肉については「サシに力強さがあり、体格も素晴らしい。非常にしっかりとした肥育管理がうかがわれた」と評された。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top