食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

伊藤ハム「子ども未来プロジェクト」、ユニセフに1,262万円寄付

 伊藤ハムは3月31日、公益(財)日本ユニセフ協会(赤松良子会長)を通じ、ユニセフに1,262万4,120円を寄付した。これは、ことし1〜2月に実施した、アジアの子供たちに教育の機会を提供するユニセフ活動を支援する「子ども未来プロジェクト」によるもの。
 伊藤ハムは、同プロジェクトでポークビッツ(71g、71g×2)、チーズイン(71g、71g×2)、朝のフレッシュあらびきポークウインナー(92g、92g×2、72g、72g×2)、さわやかパックうすぎりホワイトロース(82g)、キリクリームチーズ入りチキンナゲット(175g)、まるでお肉!大豆ミートのナゲット(160g)、大豆ミートのハムカツ(180g)の各商品について、1パックにつき1円を日本ユニセフ協会を通じ、ユニセフが東アジア・太平洋地域で実施する教育事業へ寄付。伊藤ハムでは2008年度から14年間にわたってユニセフへの支援活動を続けており、これまでの寄付金合計は2億1176万2525円(11年度の東日本大震災緊急・復興支援活動費を含む)にのぼる。
 東アジア・太平洋地域では、国内格差の広がりなどにより、多くの子供たちの学ぶ権利が奪われている。ユニセフは、こうした子供たちに質の高い教育の機会を提供することを目ざしており、主に(1)質の高い教育システム支援(2)教員の能力開発(3)コロナの影響で学校に通えなくなった子供たちへの教育支援などを予定している。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top