食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京食品機械が茨城県つくば市に新本社工場新設、既存2工場集約

 東京食品機械(株)(大沼謙一郎社長)はこのほど、茨城県つくば市に「つくば本社工場」を新設した。新工場は千葉県我孫子市、埼玉県戸田市にある既存2工場の機能をそれぞれ順次移管して集約するものであり、同社にとって首都圏の新たな拠点となる。
 新本社工場はつくばエクスプレス「みどりの駅」から約2kmの場所に位置する。2階建てで敷地面積1万4400平方m、延べ床面積約5100平方m。これまでも工場にはテスト室を設けていたが、コロナ禍による内食需要の増加やSDGsへの取り組みなどにより顧客からのニーズが増加。新本社工場ではテスト室を4部屋用意し、スペースを従来の5倍に拡張した。多様な素材の包装用フィルムや包装機、さらに顧客のニーズに合わせた食品加工機械などをテストすることが可能であり、ショールームも拡充する。同社では、生産機能を集約することで体制の効率化と顧客の利便性向上を図る。
 東京食品機械では、今後さらに需要の高まりが予想されるフードロスやプラスチック削減などに向けて、新本社工場を新たな拠点として包装機や包装用フィルムの提案に注力していきたい考えだ。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top