食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

JA全中が金子大臣に「緊急対策などに向けた要請」行う

 JA全中の中家透代表理事会長らは7日、金子農水大臣に対し、緊急対策などに向けた緊急要請を行った。
 生産資材の高騰などにより生産現場の厳しさが増す中、輸入食品の値上げやコロナ禍による物流の混乱等は、国民生活に影響を与えるとともに、食料や資材の多くを海外に依存するわが国の食料安定供給のリスクが現実化している。とくに、ウクライナ情勢などが加わり、そのリスクはさらに深刻化する恐れがあり、まさに将来を見据えた食料安全保障の強化が求められている。今回の要請では、緊急対策を含め、経済対策などにおいて、生産者の営農継続を含め、将来にわたる食料安定供給の確保等に向け(1)食料安全保障にかかる大胆な緊急対策と基本政策の確立(2)生産資材対策(3)流通・消費対策(4)生産基盤、品目対策(5)新型コロナウイルス関連対策—–を示した。概要は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top