食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

お肉検定HPをリニューアル、第11回検定の案内を開始

 全国食肉検定委員会は主催する「お肉検定」のHP(http://www.nikuken.com)をリニューアルし、第11回お肉検定の案内を開始した。スマホにも対応した画面に改良されている。
 お肉検定は、食肉の歴史、生産、流通、国産と輸入、保存方法や栄養、おいしい料理の仕方などについて、一般消費者にも正しい知識を身につけ、豊かな食生活を味わってもらうため、多くの業界関係団体・企業が協力して創設されたもの。消費者のみならず、食肉関連企業でも人材教育や自己啓発、販売促進の一環で、毎年度受検させている企業もあり、活用は広がっている。
 第11回検定も昨年度と同様にパソコンなどコンピューター端末を利用した「会場形CBTシステム」で実施する。試験会場は1級・2級とも、全国47都道府県のPC教室など約150カ所。試験期間は8月1日から令和5年2月15日までと昨年度より2カ月半長くし、受験しやすくなっている。受験料は1級が6,600円(税込み、以下同)、2級が4,400円。学生(24歳以下)については割引を行い、1級4,400円、2級3,300円とする。受験申込期間は7月20日から2月10日までで、インターネットを利用した申し込みとなり「J-Testing」への会員登録が必要となる。
 問い合わせはHPのお問い合わせフォーム、または公益(社)全国食肉学校(全国食肉検定委員会事務局)=電話0270(65)2571まで。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top