食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「味付ジンギスカンGP」表彰式、初代GPには「白樺ジンギスカン」

 全国に200種類以上ある「味付ジンギスカン」の普及と魅力を再発掘するための催しで日本初となる「味付ジンギスカングランプリ」の表彰式が3日、豪州大使館(東京都港区)で開催され、グランプリをはじめ各部門の入賞者を決定。入賞各社の代表者が表彰された(写真)。味付けジンギスカンに使用されている羊肉の多くが豪州産であることから、MLA豪州食肉家畜生産者事業団が主催し、豪州産羊肉(ラム・マトン)を使った味付けジンギスカンの魅力を広めるために企画されたもの。在日豪州大使館をはじめ、羊肉振興の各団体協力のもと、実行委員会が運営した。審査員はMLAのスコット.ウォーカー駐日代表のほか、豪州大使館のトム.クライネン参事官(農務担当)、北海道遺産ジンギスカン応援隊の本田美穂子事務局長、フードプランナーの桑折敦子氏、日本味育協会代表でラムバサダー(オージー・ラムPR大使)の宮川純子氏、羊齧協会主席で同じくラムバサダーの菊池一弘氏の6人が務めた。
 審査では、審査員が応募された全商品を実食し、味、コストパフォーマンス、オリジナリティー、羊肉普及貢献度などの評価視点に基づき、11時間にわたって審査。43社70品におよぶ商品の中から厳正な審査の結果、初代グランプリには㈲白樺(北海道帯広市)の「白樺ジンギスカン」が輝いた。同社の酒井靖幸社長(写真右から3人目)は「創業からこだわり、代々受け継いできたタレが評価され、今回の受賞につながったと感じている。今後はこれを機により多くの方に知っていただければうれしい」と喜びのコメント。また、ウォーカー氏はグランプリ商品について「独特な風味と素材の組み合わせが豪州のラムと非常にマッチしていた」と評した。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top