食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日食協が食肉流通関係者ら530人招き、新年賀詞交歓会

 公益(社)日本食肉協議会(中須勇雄会長)は6日、東京・千代田区の帝国ホテルで、新年賀詞交歓会を関係者約530人を招き開催した。中須会長は冒頭のあいさつで「いま一番食肉業界にとって大きな問題は、国内の肉用牛生産が大変厳しい状態になっており、どう脱していくかだ。高値が続いていた豚肉価格も昨年は生産の増加で安定してきた。しかし牛肉だけは高値が続き、一部では国産の牛肉離れも心配されている。繁殖雌牛の減少が大きな原因だが、価格高騰は業界にとっても商売がやりにくい。若干雌牛の増加はみられるが、まだ回復には時間がかかり、こうした厳しい状態はしばらく続かざるを得ない。われわれ流通加工業界としても、繁殖基盤強化への手助けをすべきであり、生産に目を向け支援することに協力願う。役所でも畜産クラスターで、地域として畜産生産をどう支えていくか取り組んでおり、相談しながらやっていってほしい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top