食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

[USDA需給予測2月公表]牛豚鶏ともに生産増続く、牛価高め

 米国農務省(USDA)は現地時間15日、3月現在における食肉等の需給予測(表参照、食肉速報に掲載)を発表した。それによると2017年の牛肉生産は順調に回復して輸出は増加が期待されている。豚肉は17年スタートの2カ月間で、生産は前年実績を上回っていながらも、需要の増加で価格は前年を上回り、第1四半期の豚価格は前年比平均で13%以上の高値が予想される。ブロイラーは生産も輸出も比較的安定して増えている。

◆行政・統計

平成30年農業総産出額は前年増減率2.4%減の9兆558億円

平成30年農業総産出額は前年増減率2.4%減の9兆558億円

 農水省はこのほど、平成30年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。平成30年農業総産出額は、豚、鶏卵、野菜(葉茎菜類)などにおいて生産量の増加から価格が低下したことなどにより、前年に比べ2,184億円減少し、9兆558億円(対...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top