食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[USDA需給予測2月公表]牛豚鶏ともに生産増続く、牛価高め

 米国農務省(USDA)は現地時間15日、3月現在における食肉等の需給予測(表参照、食肉速報に掲載)を発表した。それによると2017年の牛肉生産は順調に回復して輸出は増加が期待されている。豚肉は17年スタートの2カ月間で、生産は前年実績を上回っていながらも、需要の増加で価格は前年を上回り、第1四半期の豚価格は前年比平均で13%以上の高値が予想される。ブロイラーは生産も輸出も比較的安定して増えている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top