食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

東京食品機械がドイツサラミの製造方法について講習会を開催

 東京食品機械(株)(秦哲志社長)は15日、「ドイツハム・ソーセージ講習会」を千葉・我孫子工場で開催。同社では毎年春と秋の2回、得意先などを招いて講習会を開催しており、15回目となる今回も定員を上回る参加者が全国から訪れた。
 セミナーではまず、ともにドイツ食肉マイスターである同社加工機械部の林聖二氏、SKWイーストアジア(株)取締役・ネイチャープロダクツ部食品工学エンジニアのJ・シュミット氏がドイツサラミとその製造方法について説明。ドイツサラミの製造工程や発酵工程、原料肉やレシピなどの講義が行われた。4種類のサラミが試食として参加者に提供された昼食を挟み、午後は工場内のテスト室に場所を移して実演。ザイデルマン製グラインダー、カッター、フェマーク製充てん機、エスペック製サラミ熟成庫などを使用して「サラミソーセージ」「ランディエーガー」「セルベラート」「シンメルサラミ」を製造した。今回製造デモを行った4種類のサラミソーセージについては、4月12日に開幕する「2017食肉産業展」の東京食品機械ブース内で試食提供される予定。

◆行政・統計

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

 農水省は25日、福岡県宗像市の肉用養鶏農場(約9.4万羽)でことし国内9例目の高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認を公表した。24日に死亡鶏が増加した通報を受け、福岡県が同農場に対し移動の自粛陽性と立入検査を実施。同日にインフルエンザ簡...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top