食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

JBSグループが感謝の集い開催、150人超える関係者が参加

 JBSグループは22日、東京・港区の虎ノ門ヒルズで「JBSグループ感謝の集い」を開催した。今回は米国、カナダ、オーストラリア、ブラジルから各部門の代表者らが来日。会場には150人を超える関係者が参集した。
 初めにJBSUSAポーク部門社長のマーティン・ドゥーリー氏が「お客さまの明るい未来のためにより良い商品をつくっていくことがJBSグループの社訓であり、社員教育に対して多額な投資を行っていることも大きな特徴だ」と説明。さらにJBSUSAポーク部門については「一昨年にカーギル社のポーク部門を買収し、新たに2工場がグループとなった。JBSグループは品質を重んじており、安全面においても規格面においても、商品をアップグレードするための投資は惜しまない」と強調。さらに「日本市場は世界でも最重要市場だ。日本は品質を重んじる国であり、最も質の良い商品をつくっていくことが責務である」とした。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top