食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

スターゼンがプライフーズ(株)と協業開始、鶏加工品を拡売

 スターゼンは同社子会社のスターゼン販売(株)仙台営業所内に、プライフーズ(株)仙台営業者が移転し、4月1日から業務を開始したと発表した。
 協業は、得意先の共有による相互の拡売や配送協力によるコスト削減・効率化を進めることを目的としている。プライフーズとの配送協力の取り組みはすでにスターゼン販売(株)いわき営業所でも行っているが、今後ますます需要拡大が期待される鶏加工品を、スターゼンの得意先に積極的に拡売することが、両者にとって大きな利益となると判断したことから、今回の営業所移転、協業開始となった。今後も協業の拡大を通じて、一層の拡売、コスト削減、効率化を目ざすとしている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top