食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

信州ハムが「時短cookingスモークチキン」新発売

 信州ハム(株)は、新ブランド「時短cookingシリーズ」を展開しており、新たに「時短cookingスモークチキン」(130g)198円/税別(税込価格213円)を5月1日から、全国のスーパーで販売する。同シリーズは、限られた時間の中で仕事や家事をこなしながら、自分や家族との自由な時間もつくりたい、調理のあとかたづけを楽にしたいといった声から誕生。新商品は、あっさりとした鶏ムネ肉に香り豊かなスモークの風味をつけており、切り落としているので包丁いらずで、そのまま使うことができる。カット野菜を使用して簡単サラダはもちろん、めんつゆとの相性も良く、これからの季節はそうめんのトッピングにおすすめ。冷たいビールのおつまみにもピッタリの商品。なお、このシリーズが簡単につくれるレシピを同社ホームページ「はむはむkitchen」で公開する予定。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top