食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

16/17年度の大豆成約率は前年同期比大幅低下(ブラジル)

 ブラジルの現地農業調査会社は5日、16/17年度(10月〜翌9月)の同国産大豆の4月末時点での成約率が約50%であり、前年同期の67%や過去5年平均の65%を大幅に下回っていると発表した。地域別にみると、最大産地のマットグロッソ州は前年同期の70%を下回る62%、生産量2位のパラナ州は前年同期の53%を大きく下回る33%にとどまっている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top