食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

カナダビーフが量販店向けに「おうちでカナダビーフ」CP展開

 カナダビーフ国際機構(下嶋大介アジア代表取締役兼駐日代表)では、ことし7月にカナダ建国150周年を迎えるにあたり、メディアでも活躍中の「オステリア・ルッカ」(東京都恵比寿)オーナーシェフの桝谷周一郎氏タイアップし、カナダビーフをおいしく食べてもらうためのレシピ開発を行うキャンペーンを実施する。同キャンペーンでは春夏4品、秋冬4品のそれぞれ季節に合うメニューを年間で8品提案し、6月中旬からカナダビーフ取扱店舗でレシピブックを配布。年間を通じてレシピ提案を行うことで量販店でのカナダビーフの定着、新規拡大を図る。

 また、桝谷シェフを招いての「子供料理教室」や7月のカナダ建国記念に合わせて「オステリア・ルッカ」でカナダビーフを気軽に味わえる期間限定でのカナダビーフランチフェアも行う。29日に「オステリア・ルッカ」で開催されたメディア向け発表会では、春夏のレシピとしてカナダビーフのカタロースをローストビーフにしてルッコラとパンに挟んだ「パニーニ」、バラの薄切りをアスパラガスに巻いた「インボルティーニ」、カタロースの上にトマトソース、モッツァレラチーズを置き、生ハムをのせた「ミケランジェロ風ステーキ」、ミスジのソテーにイタリア・アマルフィ地方の名産であるレモンを添えた「アマルフィ風レモンソテー」の4品を桝谷シェフが調理して提供した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top