食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全共宮城大会が開幕、史上最多513頭出場し日本一競う

 「高めよう生産力 伝えよう和牛力 明日へつなぐ和牛生産」をテーマに、第11回全国和牛能力共進会の最終比較審査が7日、宮城県仙台市の夢メッセみやぎ(種牛の部)、仙台市中央卸売市場食肉市場(肉牛の部)を会場に開幕した。11日まで5日間、開催される。初日には夢メッセみやぎで出品者500人、来賓300人、一般を含め計1千人が参加して開会式が行われた。
 大会には全国39道府県から各地域予選を勝ち抜いた種牛330頭、肉牛183頭、史上最多の計513頭が出場。各審査会場では和牛日本一の座を目ざして真剣勝負が繰り広げられる。夢メッセみやぎでは、県内外の生産者と消費者の交流を促すさまざまなイベントも企画されており、「和牛の祭典」として全国に和牛の魅力を発進する。
 全国和牛能力共進会(主催=全国和牛登録協会)は、「能力共進会」の名称のもと、和牛の能力と斉一性の向上を目ざす共進会であり、昭和41年の岡山県大会から数えて11回目を迎える。全共は5年に1度、全国の優秀な和牛を集めて肉質や改良の成果を競う品評会で「和牛オリンピック」とも称される。繁殖雌牛群など1〜9区の9部門あり、日本一の覇を競う。また、宮城大会では復興特別出品区「高校の部」が設けられ序列を競う。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top