食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全共宮城大会が開幕、史上最多513頭出場し日本一競う

 「高めよう生産力 伝えよう和牛力 明日へつなぐ和牛生産」をテーマに、第11回全国和牛能力共進会の最終比較審査が7日、宮城県仙台市の夢メッセみやぎ(種牛の部)、仙台市中央卸売市場食肉市場(肉牛の部)を会場に開幕した。11日まで5日間、開催される。初日には夢メッセみやぎで出品者500人、来賓300人、一般を含め計1千人が参加して開会式が行われた。
 大会には全国39道府県から各地域予選を勝ち抜いた種牛330頭、肉牛183頭、史上最多の計513頭が出場。各審査会場では和牛日本一の座を目ざして真剣勝負が繰り広げられる。夢メッセみやぎでは、県内外の生産者と消費者の交流を促すさまざまなイベントも企画されており、「和牛の祭典」として全国に和牛の魅力を発進する。
 全国和牛能力共進会(主催=全国和牛登録協会)は、「能力共進会」の名称のもと、和牛の能力と斉一性の向上を目ざす共進会であり、昭和41年の岡山県大会から数えて11回目を迎える。全共は5年に1度、全国の優秀な和牛を集めて肉質や改良の成果を競う品評会で「和牛オリンピック」とも称される。繁殖雌牛群など1〜9区の9部門あり、日本一の覇を競う。また、宮城大会では復興特別出品区「高校の部」が設けられ序列を競う。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

 9月は20日、23日の2度の祝日を迎える今週が消費のピークと思われ、それに向けて手当てが進められた。曜日の並びとしてはそこまで良くはないが、コロナ感染が拡大していた盆休を避け、この時期に旅行や帰省を行う人もいるとみられることから、大幅な消...
More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top