食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

全共宮城大会が開幕、史上最多513頭出場し日本一競う

 「高めよう生産力 伝えよう和牛力 明日へつなぐ和牛生産」をテーマに、第11回全国和牛能力共進会の最終比較審査が7日、宮城県仙台市の夢メッセみやぎ(種牛の部)、仙台市中央卸売市場食肉市場(肉牛の部)を会場に開幕した。11日まで5日間、開催される。初日には夢メッセみやぎで出品者500人、来賓300人、一般を含め計1千人が参加して開会式が行われた。
 大会には全国39道府県から各地域予選を勝ち抜いた種牛330頭、肉牛183頭、史上最多の計513頭が出場。各審査会場では和牛日本一の座を目ざして真剣勝負が繰り広げられる。夢メッセみやぎでは、県内外の生産者と消費者の交流を促すさまざまなイベントも企画されており、「和牛の祭典」として全国に和牛の魅力を発進する。
 全国和牛能力共進会(主催=全国和牛登録協会)は、「能力共進会」の名称のもと、和牛の能力と斉一性の向上を目ざす共進会であり、昭和41年の岡山県大会から数えて11回目を迎える。全共は5年に1度、全国の優秀な和牛を集めて肉質や改良の成果を競う品評会で「和牛オリンピック」とも称される。繁殖雌牛群など1〜9区の9部門あり、日本一の覇を競う。また、宮城大会では復興特別出品区「高校の部」が設けられ序列を競う。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度食肉流通経営体質強化促進事業(食肉流通機能強化推進事業)で実施する「食肉惣菜創作発表会」について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、従来とは形を変えて開催することを決定した。...
More

◆製品

More
Return Top