食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全共宮城大会が開幕、史上最多513頭出場し日本一競う

 「高めよう生産力 伝えよう和牛力 明日へつなぐ和牛生産」をテーマに、第11回全国和牛能力共進会の最終比較審査が7日、宮城県仙台市の夢メッセみやぎ(種牛の部)、仙台市中央卸売市場食肉市場(肉牛の部)を会場に開幕した。11日まで5日間、開催される。初日には夢メッセみやぎで出品者500人、来賓300人、一般を含め計1千人が参加して開会式が行われた。
 大会には全国39道府県から各地域予選を勝ち抜いた種牛330頭、肉牛183頭、史上最多の計513頭が出場。各審査会場では和牛日本一の座を目ざして真剣勝負が繰り広げられる。夢メッセみやぎでは、県内外の生産者と消費者の交流を促すさまざまなイベントも企画されており、「和牛の祭典」として全国に和牛の魅力を発進する。
 全国和牛能力共進会(主催=全国和牛登録協会)は、「能力共進会」の名称のもと、和牛の能力と斉一性の向上を目ざす共進会であり、昭和41年の岡山県大会から数えて11回目を迎える。全共は5年に1度、全国の優秀な和牛を集めて肉質や改良の成果を競う品評会で「和牛オリンピック」とも称される。繁殖雌牛群など1〜9区の9部門あり、日本一の覇を競う。また、宮城大会では復興特別出品区「高校の部」が設けられ序列を競う。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top