食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

ブラジルの16/17年度大豆・とうもろこし生産予測は「記録的増産」

 ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)はこのほど、2016/17年度(10月〜翌9月)第12回目(最終回)となる主要穀物の生産状況等調査結果を公表した。この調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作とうもろこしなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作とうもろこし、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月公表するもの。これによると、主要穀物の作付面積は前年度をやや上回り、生産量はエルニーニョ現象による干ばつ被害で不作であった前年度を大幅に上回ると見込まれている。とうもろこしの生産量は、前年度の干ばつによる需給ひっ迫を受けて作付面積が増加した上、単収も増加したことから、前年度比46.9%増の9,771万tと予測されている。また、大豆も、単収の回復などにより、前回同様初めて1億トンを超える予測となっている。

◆行政・統計

[食肉流通統計・5月]豚と畜頭数は前年比4.9%減

[食肉流通統計・5月]豚と畜頭数は前年比4.9%減

 農水省統計部が発表した5月の食肉流通統計によると、全国の豚と畜頭数は、前年同月比4.9%減の128万9,659頭と前年同月より減少した。 豚卸売価格(省令)は前年同月より5.8%高の623円。東京は4.3%高の631円、大阪は6.3%高の...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top