食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

伊藤ハムがグループ3社から台湾向け食肉の輸出を開始

 伊藤ハムは、このたび再開された台湾向け牛肉輸出について、同社グループ会社の3施設が該当施設として承認を受け、10月10日に台湾に向け出荷を開始した。
 農林水産省は2004年6月以降、厚生労働省と連携して、台湾政府当局との間で日本産牛肉輸出のための協議を進めてきた。9月22日に、台湾衛生福利部食品薬物管理署が日本産牛肉輸出施設について審査を終了し、日本側の申請した29施設のすべてが承認された。また同時に、厚労省が「対台湾輸出牛肉取扱要綱」を定め、同日、都道府県に対して通知することにより輸出が可能となった。
 同社では輸出促進の取り組みとして、10月11〜13日に開催された食品輸出をコンセプトとした日本初の展示会「日本の食品輸出EXPO」へ出展し、伊藤和牛(牛肉)、黒の匠(鹿児島県産黒豚)を多くの海外の人へ紹介している。また10月17日に、台湾向け日本産牛肉の輸出解禁を受け、台湾(台北市内)で、日本畜産物輸出促進協議会牛肉輸出部会(事務局=公益社団法人中央畜産会)は、日本産牛肉の魅力をプロモーションするプレスカンファレンスを開催する。

◆行政・統計

牛豚鶏を輸出重点品目に選定、牛肉は25年までに輸出額5倍へ

牛豚鶏を輸出重点品目に選定、牛肉は25年までに輸出額5倍へ

 内閣官房は11月30日、菅総理や野上農水大臣ら関係閣僚を集め、官邸内で「第10回農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」を開催。「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」を取りまとめ、輸出重点品目27品目や...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top