食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

SNS活用しCP展開、USMEF「ポンドステーキ」セミナー(下)

 既報のとおり、米国食肉輸出連合会(USMEF)は11月29日、「ポンドステーキ」の提案セミナーを開催。今回のテーマである「ポンドステーキ」プロモーションの概要について、笠谷樹マーケティングマネージャーが講演を行った。
 USMEFでは、11月から「ポンドステーキ」プロモーションを開始。今後は年間を通じて実施する。新たに作成したロゴは、大きい重量の肉が醸し出す幸福感やプレミアム感を金色のベースのデザインで表現。ロゴを通じて「ポンドといえばアメリカン」というイメージを消費者に訴求する。また、インスタ映えする食シーンの提案、大人数で食べられることの訴求、「失敗しない焼き方」を同時に伝えることを重要視。トレーパックシールや店頭に飾るPOP、焼き方リーフレットなどを配布し、好評を得ている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top