食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉流通センター賀詞交歓会、小林理事長「流通施設の計画的な更新を」

 公益(財)日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)および同センター卸事業協組・川崎冷蔵事業協組(鶉橋誠一理事長)は9日、同センター内で賀詞交歓会を開催。食肉関係者多数が参集した。
 主催者の小林理事長は冒頭、年号が来年から変わることに触れ平成を振り返りつつ「畜産分野は、BSE、口蹄疫、鳥インフルエンザなど大きな波が発生したが、その都度乗り越え、国民経済の中で大きな分野を確立してきた。当センターについては、昨年から部分肉の価格公表をより客観的なものに変更した。また、流通施設の貸付事業は施設の老朽化が懸念されており、今後の計画的な更新が課題となっている。本年も業務内容をより良く見直し、畜産業界に貢献できるよう努めていきたい」とあいさつした。
 次いで、同じく主催者である鶉橋理事長が「ことしは平成30年であり、来年には年号が変わる。時代が変わる時期であり、新しい出来事、産業、商品、機械など、第4次産業革命になるのではないかと思う。食肉の消費も順調であり、国産の牛・豚が増加しておいしい食肉が流通されることを願う」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

 9月は20日、23日の2度の祝日を迎える今週が消費のピークと思われ、それに向けて手当てが進められた。曜日の並びとしてはそこまで良くはないが、コロナ感染が拡大していた盆休を避け、この時期に旅行や帰省を行う人もいるとみられることから、大幅な消...
More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top