食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

食肉流通センター賀詞交歓会、小林理事長「流通施設の計画的な更新を」

 公益(財)日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)および同センター卸事業協組・川崎冷蔵事業協組(鶉橋誠一理事長)は9日、同センター内で賀詞交歓会を開催。食肉関係者多数が参集した。
 主催者の小林理事長は冒頭、年号が来年から変わることに触れ平成を振り返りつつ「畜産分野は、BSE、口蹄疫、鳥インフルエンザなど大きな波が発生したが、その都度乗り越え、国民経済の中で大きな分野を確立してきた。当センターについては、昨年から部分肉の価格公表をより客観的なものに変更した。また、流通施設の貸付事業は施設の老朽化が懸念されており、今後の計画的な更新が課題となっている。本年も業務内容をより良く見直し、畜産業界に貢献できるよう努めていきたい」とあいさつした。
 次いで、同じく主催者である鶉橋理事長が「ことしは平成30年であり、来年には年号が変わる。時代が変わる時期であり、新しい出来事、産業、商品、機械など、第4次産業革命になるのではないかと思う。食肉の消費も順調であり、国産の牛・豚が増加しておいしい食肉が流通されることを願う」と語った。

◆行政・統計

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

 農水省は27日、食料・農業・農村政策審議会第48回家畜衛生部会を開催。ASFのゾーニング(地域主義)を適用したハンガリーからの生鮮豚肉の輸入再開について答申し、同国が行うASFの措置だけでなく、適切な上乗せのリスク管理措置を科すことで、ゾ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

ニチレイ「純和鶏」、持続可能な特色JAS鶏肉認定第1号に

ニチレイ「純和鶏」、持続可能な特色JAS鶏肉認定第1号に

 ニチレイフレッシュは23日、国産鶏種普及を目的に生産資源の循環などに持続性(サスティナビリティー)とアニマルウェルフェアを考慮した新たなJAS規格「持続可能性に配慮した鶏肉(=持続可能な特色JAS鶏肉)」の第1号として「純国産鶏種 純和鶏...
More
Return Top