食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

香川の鳥インフル疑いは疑似患畜、約9万1千羽を殺処分

 農水省は11日、香川県における高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が遺伝子検査の結果、H5亜型であり、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが確認されたと発表した。検査結果を受け、香川県は約9万1千羽を殺処分した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top