食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

ニッポンハム食の未来財団が食物アレルギー料理コンテスト表彰式


 公益財団法人ニッポンハム食の未来財団(山田良司理事長)は18日、第3回「食物アレルギー対応食料理コンテスト表彰式」(後援=農水省)を開催した。同料理コンテストは、家庭で生まれた創意工夫と愛情のこもった料理が、食物アレルギーと向き合う人に広く活用されることを目ざし、毎年開催。(1)特定原材料7品目のいずれかを使用しない、またはいずれかの代わりに他の食材で代替したアイデア料理またはおやつ(2)特定原材料等27品目のうち使用しているものを明らかにしているレシピの両方を満たしていることが応募条件となる。また、応募部門に学生の部を設けることで、学校において教育機会がほとんどない「食物アレルギー」について勉強してもらう機会の創出も狙っている。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top