食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食鳥協が試食会、低需要部位でフレンチ料理10品と加工品4品開発


 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は、平成29年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業で、低需要部位を使った加工品の試作開発と新たな調理法の開発を行い、これらの成果をお披露目する「鶏肉試作試食会」を22日、東京・港区の浜松町東京會舘で開催した。
 関係者約60人が参加し、新たに開発された加工品4品とメニュー10品の計14品の展示・試食を実施。佐藤会長は冒頭のあいさつで「事業に取り組みことしで4年目となる。これまで鶏肉需要が旺盛で、低需要部位といっても荷余り感があまりない状態だったが、ここにきて、過去3年とは少し違う状況になっていると認識している。今回、レシピを開発した10品、加工品開発4品は、まさに今後の需要の予測をしたかのようなアイテム、商品開発がされており、これら新しい商品の開発を踏まえ、さらに国産鶏肉の需要が盛り上がればと思っている」と述べた。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top