食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食鳥協が試食会、低需要部位でフレンチ料理10品と加工品4品開発


 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は、平成29年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業で、低需要部位を使った加工品の試作開発と新たな調理法の開発を行い、これらの成果をお披露目する「鶏肉試作試食会」を22日、東京・港区の浜松町東京會舘で開催した。
 関係者約60人が参加し、新たに開発された加工品4品とメニュー10品の計14品の展示・試食を実施。佐藤会長は冒頭のあいさつで「事業に取り組みことしで4年目となる。これまで鶏肉需要が旺盛で、低需要部位といっても荷余り感があまりない状態だったが、ここにきて、過去3年とは少し違う状況になっていると認識している。今回、レシピを開発した10品、加工品開発4品は、まさに今後の需要の予測をしたかのようなアイテム、商品開発がされており、これら新しい商品の開発を踏まえ、さらに国産鶏肉の需要が盛り上がればと思っている」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top