食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

食鳥協「春の国産チキンまつり」、銘柄鶏・地鶏でおいしさPR


 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)主催「春の国産チキンまつり2018 IN築地」が4月28日、東京・中央区の築地魚河岸小田原棟3階「魚河岸スタジオ」前で開催され、全国から「錦爽 名古屋コーチン」(愛知)、「阿波尾鶏」(徳島)、「はかた地どり」(福岡)、「奥州いわいどり」(岩手)の四つの銘柄鶏・地鶏が出店し、国産チキンのおいしさと安全・安心をPRした。国産の地鶏、銘柄鶏のブランドが一堂に会し、さまざまな調理方法でそのおいしさを堪能してもらう食物販イベントを行ったもの。
 当日は「名古屋コーチン鶏すき」「阿波尾鶏ローストレッグ、クリスピーチキン」「はかた地どり炭火焼き」「奥州いわいどり からあげ」を、1品500円(あるいは1千円)の廉価で提供。協会ブースもあり、鶏肉の栄養や健康機能性を紹介するパンフなどを配布した。各店で料理を買うとスタンプが押され、4店すべてを集めた人に抽選で景品をプレゼントするスタンプラリーも実施。築地に来ている観光客や親子連れなどで賑わった。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top