食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

微増だが13カ月連続して増加—5月分の食肉加工品生産量


 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成30年5月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万6,775t(前年同月比0.1%増)と、辛うじて前年をクリアした。これにより、前年実績クリアは13カ月連続となった。前年実績を上回ったのはハム類とベーコン類で、ソーセージ類は減少に転じ、プレス類は不振が続いている。ただ、オールポーク製品は1万2,915t(3.2%増)と相変わらず好調だ。

◆行政・統計

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

牛豚等疾病小委、飼養衛生管理基準の見直しについて議論

 食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会第43回牛豚等疾病小委員会が21日、省内で開かれ、飼養衛生管理基準の見直しについて議論された。今回は定める内容の難易度や農家へ順守してもらうための表現方法のほか、猶予期間を設けるなど適用のスケジュー...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top